ボディカル セルライト

ボディカルでセルライトは除去できるの?

ボディカル

 

ボディカルに興味あるけどセルライトは除去できるのかな?

 

ネットでセルライトを除去する方法について検索してみても「セルライトは除去できる」と書いてあるサイトもあれば、「セルライトは除去できない」と書いているサイトもあったりします。

 

もういったいどっちなの?って思ってしまいますよね。

 

またセルライト自体の説明も「脂肪細胞が老廃物を取り込んで肥大化したもの」「リンパ液が溜まったもの」など間違った説明も多く見られます。

 

なぜそのようなことがあるのでしょうか?

 

 

それは美容業界の一部の業者が脂肪の除去とは別にセルライトは特別な対策が必要であるかのように宣伝しているからです。
単に儲けようとしているだけで医学的な根拠は全くありません。

 

 

医学的にはセルライトは特殊なものではなく、ごく普通の脂肪とされています。

 

 

ボディカルでセルライトは除去できるかという疑問ですが、答えは......普通の脂肪と同じなので除去できます。

 

つまりEMSで脂肪細胞は除去できるんです。
ちゃんとした根拠があります。
下記はEMS(電気刺激)が脂肪減少に効果があるという早稲田大学の研究結果です。
>>http://www.waseda.jp/sports/supoka/research/sotsuron2006/1K03A801-6.pdf

 

ボディカルでセルライトが除去できる理由を説明する前に、まずはセルライトについて説明してみたいと思います。

 

セルライトとは?

ボディカル

 

セルライトとは、一般的にお尻や太ももの裏側などの贅肉のあるところにできるボコボコした皮膚をいいます。

 

オレンジの皮の表面にも見えることからオレンジピールスキンとも呼ばれています。

 

 

ボコボコした皮膚のセルライトですが、実は単に皮下脂肪が肥大化したものなんです。

 

医学的にはセルライトのボコボコした皮膚は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態に過ぎません。

 

だから特殊でも何でもないんです。

 

そしてなんと80%以上の女性にセルライトが存在すると言われているんです。
だからセルライト対策は一部の方に限ったことではありません。

 

セルライトを放置しておくとボコボコした皮膚が固まってしまうので、元の滑らかな肌には戻らなくなります。
だからできるだけ早く対処する必要があります。

 

セルライトができるしくみ

ボディカル

 

皮膚の下につく脂肪細胞が皮下脂肪です。そして脂肪細胞は食べ過ぎ、運動不足、ホルモンバランスの乱れ、代謝の低下などにより肥大化していきます。

 

脂肪細胞が肥大するとその周囲の血管やリンパ管が圧迫され、流れが悪くなり酸素や栄養素の供給、老廃物や水分の排出が難しくなります。

 

その結果、脂肪細胞が変性し周囲の組織が繊維化することによって、皮膚が引っ張られボコボコした表面になります。
>>脂肪細胞についてはコチラ

 

 

 

 

ボディカルでセルライトを除去できる理由とは?

ボディカル

 

ボディカルのEMSは筋肉を電気的に刺激して鍛えることができます。

 

自分で筋トレをするとしたら、腹筋600回はできるでしょうか?

 

普段からトレーニングしている人以外は、50回も行うことは難しいと思います。

 

 

ところがEMSを30分行えば腹筋 600回相当の筋トレを行った運動ができるんです。

 

EMSで電気刺激を受けていない部分は筋肉の収縮はしません。
電気刺激を与えた部分の筋肉だけ収縮します。

 

筋肉の収縮は、糖や脂肪を消費させるので、ボディカルを当てたところだけ集中的に脂肪がなくなるんです。

 

セルライトは脂肪細胞ですから、当然EMSの電気刺激により除去できるというわけです。
またEMSの電気刺激により、筋肉の収縮が起きると筋線維も太くなり、基礎代謝も上がってきます。

 

基礎代謝が上がると体全体が痩せやすい状態になるので、このタイミングでダイエットをすると効果が高いので楽に痩せることができます。

 

ボディカル

 

 

 

>>ボディカルの効果は本当?購入前に知りたい【悪い口コミ】(トップページへ)