脚痩せ 階段

階段をなるべく使う

ボディカル

 

脚痩せのために日常で出来ることの代表が、通勤時の階段の昇り降りです。

 

普段の私たちが通勤しているとエレベーターやエスカレーター、動く歩道など脚を使わずに楽できるものがたくさんあります。

 

 

でもそれは、脚痩せという点からすると脚を甘やかして太らせる怖い装置なんです。
自分の脚で歩かなくなることで、筋力が衰え、そこに脂肪や老廃物を溜め込むことで太い脚になってしまいます。

 

なかには「筋肉がついて脚が太くなるから嫌」といって階段の昇り降りを敬遠する人がいます。

 

トレーニングのように1日に何十分も昇り降りをするなら確かに筋肉は付きます。
ですが駅やマンションの階段を少し昇り降りしたぐらいでは、絶対に脚は太くなりません。

 

筋肉を使うことで衰えを防ぐ効果があるので通勤時ぐらいは階段を使うことをおすすめします。

 

つま先立ちでむくみが解消できる

ボディカル

 

階段を昇るときは、親指に重心をかけて、つま先立ちでタッタッとリズム良く昇ることを心掛けてください。

 

それだけで劇的に脚が細くなるわけではありません。

 

でも、ふくらはぎのポンプ機能を助け、足先に下りた血液やリンパ液を心臓に向かって押し戻すので、脚のむくみ防止になります。

 

 

 

また、親指に重心をのせながら昇ることによって、普段あまり使うことのない内ももや脚の内側の筋肉が鍛えられO脚の改善にも役立ちます。

 

脚痩せはもちろん、足首をキュッと引き締めたい人にも階段の昇り降りは効果的です。

 

でもなかなか通勤時にちょうどいい階段がない、または筋肉の維持だけではなく、みっちり脚痩せしたい。

 

そんな方のために自宅で脚痩せがばっちりできるEMSマシンがあります。
それはボディカルといいます。興味がある方はこちらをどうぞ。

 

>>ボディカルの口コミと効果はコチラ