食事制限 脚痩せ

食事制限は脚痩せに逆効果?

脚痩せ

 

「食事も制限してダイエット頑張ったのに、胸だけ小さくなって脚は変わらず・・・」という経験はないでしょうか?

 

わたし達の体は、食事で摂り入れるエネルギーが極端に減ると、蓄えた脂肪を燃やしてエネルギーにしようとします。

 

この場合、生命の維持にそれほど影響のない部分の脂肪から優先的に消費されていきます。

 

だから生きていくために必要な立ったり、歩いたりする などの役目を果たす脚ではなく、生命の維持からすると優先順位の落ちる胸の方から先に減ってしまうのです。

 

痩せたい部分を細くするならEMSマシンを使うと効果があります。
>>こちらはEMS機能搭載のボディカルの紹介です。

 

 

また適正な食事の量をとらなかったり、偏食をしていると、便秘になりやすくなります。
便秘は体が老廃物を溜め込んだ状態です。

 

便秘がひどくなるとデトックス機能がどんどん低下して、老廃物を下半身に溜め込み、脚がむくんで太くなってしまいます。

 

脚を細くするには、食事制限のダイエットなどはする必要はなく3食バランスのとれた食事をとることが大切です。
もしむくみが原因で脚が太くなっている場合は、むくみの原因となる塩分・糖分を排出する食べ物を摂るといいです。

 

脚のむくみの原因となる塩分・糖分を排出する食べ物

 

塩分を排出する働きのカリウム

 

塩分を摂り過ぎてしまった場合、有効なのはカリウムを摂取することです。
カリウムが塩分であるナトリウムを排出してくれます。

 

しかし、カリウムが体内で不足していると、水で代用しようとするんです。
だからカリウムが不足しているのに塩分を摂り過ぎてしまうと、のどが渇くので水をたくさん飲んでしまいむくみやすくなります。
カリウムはむくみの原因となるナトリウムだけでなく水分も併せて排出してくれる作用があります。

 

※カリウムを多く含む食べ物としては、こんぶ、ひじき、切干だいこん、納豆、さつまいも、ぎんなん、にんにくなどです。

 

 

糖質をエネルギーに変換するビタミンB1

 

糖分の摂りすぎは脂肪をつきやすくするだけでなく、不要な水分も吸収するので、むくみの原因となります。
糖分は主食のお米、?類、パン、それからおやつなどの甘いものに多く含まれています。

 

糖質は必要な栄養素ですが、摂り過ぎも体に良くありません。
ビタミンB1は余分な糖質をエネルギーに変換する優れた栄養素です。

 

※ビタミンB1を多く含む食べ物としては、豚肉、こんぶ、ベーコン、ハム、いくら、たらこなどです。

 

 

>>部分痩せが自宅で簡単にできるマシン『ボディカル』