ボディカル 痛い

ボディカルを使用して痛いと感じる人がいるのはどうして?

ボディカル

 

ボディカルはSGローラーが脂肪をわしづかみにしながら、同時にEMSの機能で電気によって筋肉に刺激を与えます。

 

自らが体を動かさなくても自然と電気の刺激によって筋肉を動かすことが出来ることから、筋トレが苦手な人でも楽にスリムになれるんです。

 

しかしながら、電気によって筋肉を刺激することから、ピリピリとした感覚があり、人によっては痛いと感じる方もいるようです。

 

脂肪には神経がありませんので当然痛みを感じません。
痛みを感じるのは、筋肉の部分です。

 

ボディカルを当てている部分に脂肪が充分に付いているなら、電気の刺激を脂肪が吸収して痛みを感じません。
しかし脂肪が薄かったり、セルライトが固まっていたりすると電気の刺激を吸収しきれず、直に筋肉に届いてしまいます。

 

EMSは筋肉に電気的な刺激を与える機能ですが、刺激を直に受け、筋肉が薄い痛みとして感じることがあります。

 

ボディカルを使って痛く感じた場合の対策とは?

 

ボディカルを使ってみて万が一痛みを感じる場合の対策を説明したいと思います。

 

ボディカルで痛みを感じた場合対策

 

出力レベルを下げる

まだ電気の刺激に慣れていない方は、痛みとして感じてしまうケースがあります。
ボディカルは出力レベルをを3段階で調節できるようになっています。
痛みを感じる場合はレベルを1または2に落とすことで痛みを感じなくなることがあります。
電気の刺激に慣れていない方は、低い出力レベルから段々と慣らしていくことをお勧めします。

 

ローションを多めに塗る

ローションは肌の滑りをスムーズにするという役目以外にも、EMSによる電気の刺激を緩和する役割があります。
ローションがもったいないからといって少ししか塗らないと電気の刺激をもろに受け痛みを感じることがあります。
痛みを感じる方はジェルをたっぷり塗ることをお勧めします。

 

短い時間でも継続して使用する

お肌の質がかたい方は痛みを感じやすいようです。 
ムリをしてはいけませんが、毎日少しの時間でも続けていると痛みを感じなくなります。 
筋肉が鍛えられるとともに、痛みも感じなくなるためです。

 

ボディカル

 

 

 

>>ボディカルの効果は本当?購入前に知りたい【悪い口コミ】(トップページへ)